【土用の丑の日】うなぎが食べたい!おすすめショップと子どもへの食べさせ方まとめ

こんにちは、森雨です!

梅雨入りし、徐々に夏が近づいてきました…

ようやく冬が終わった…と思っていたら、

うちの息子はすでに2回くらい保育園で
風邪をもらってきています!(´;ω;`)

夏なのに!(/・ω・)ナンデヤ!

夏でも夏風邪のウイルスは飛んでいるので、
全国のお母さんたちも気を付けてくださいね…。

夏風邪はしつこいですから…

ということで、今回はスタミナをつけるためにも!

土用くらいは丑の日したいってんで、

鰻のお話です。

土用の丑の日くらいは鰻が食べたいんだよぉ

毎年これくらいの時期になると、
巷では「鰻を食べよう!」と言い出します。

鰻は古来より精のつく魚とされて珍重されてきました。

とはいっても、昔は鰻は割と手の届きやすい価格だったんでしょうね。
今は国産の稚魚の数が減り、中国のぶっとい鰻が比べると半額くらいの価格で
取引されていますが…

なんといっても!
土用の丑の日のウナギくらいは国産が良いっていう人が多いのが現状です。

ちなみに、今年の丑の日は2日あるらしく、

7月25日

8月6日

この2日が丑の日にあたります。

どちらでもいいので、

とにかく鰻が食べたァーい!!

3人家族で一匹のウナギ!?

「ウナギが食べたいのよ」というのは自由ですが、

鰻ってさっきも言ったように結構お高い。。
国産なら一尾で2500円くらい平気でしちゃいます。

( ;∀;)(外食できる値段じゃん…!)

その通りです。

しかし、外食で国産鰻を食べようとすると当然さらに高くなります。笑

さらに、夫婦2人で鰻を食べるならまだしも、
子どもたちも鰻大好き☆となると、家計は一層きつくなりますよね。

いよいよ、ウナギ貯金が必要か?というくらい。

でも、せっかくなら多めに食べたいですよね。
家族に「え~これだけ?」と言われるのってなんか辛いし。

だからと言って、安すぎる鰻ってせっかくお金かけたのに
「イマイチだね」はもっと辛い。

なので、探してきました。安くておいしい鰻!

鰻もネットで買う時代!美味しくて安い鰻をお取り寄せ

スーパーでも当然丑の日あたりになると特売になりますが…

正直きちんとした「ウナギのお店」で買うものと、
スーパーとでは雲泥の差があります。

これは価格も違うので当然と言えば当然かもしれませんね。

しかし大手スーパーでは工場で加工し、
ベルトコンベヤーで蒸したり焼いたりタレつけをしたりしているのに
対し、

お取り寄せでは焼きからタレまでお店さながらにこだわりぬいたものを
送ってくれるので、まあ当然の価格差だと思います。

これまで私も「ウナギなんて中国産のスーパーで十分!」

と思っていましたが、

一度お取り寄せを食べると「…これは美味いわ。鰻ってこういう味やった
んやな!」と夫婦で絶賛しました。

【楽天で1番人気】鰻屋かわすい 特大鰻のお試しセット

かわすいは楽天でも一番人気で、
特にこの父の日シーズンになると贈答用と家庭用にそれぞれ注文される人が
多いようです。

かわすいはの鰻は少量パックから色々とバリエーションがあり、
一番人気なのがこの『特大鰻1尾』『カット鰻2枚』『きざみ鰻1パック』入りのもの。

このセットは特に家庭用として人気があります。

『特大鰻』は夫婦で。

『カット鰻』は1枚ずつ子どもたちへ。

『きざみ鰻』は冷凍しておいてまぜちらしの材料やひつまぶしに!

という具合で、全員に十分な鰻が食べられる上に、
冷凍の真空パックなので、後日また楽しめる!というのは嬉しいですよね。

さらに、かわすいはこんな特徴も。

  • 常に味をチェックしているから鰻が全然泥臭くない!
  • すべて国産!産地も細かくチェックできる
  • 鰻のタレは自社で手作り。無添加にこだわっている
  • 蒸しと「強火の遠火」でふっくらと軟らかい

普通スーパーの鰻は加工段階で味をチェックはしません。
そのため「泥臭い」鰻が入っていても気づかないことが多いようです。

鰻嫌いな人はこの臭さで一度「不味い!」と感じて以来、
食べないという人が多いらしく、そのことを知っているから徹底しているそうです。

また、鰻はすべてナンバーがふられており、自分の食べる鰻が
どこから来たのかまでチェックできるという徹底ぶり。
(激安店ではこっそり中国産を…なんてこともあるからこれは安心!)

特に私が気になったのが、タレを化学調味料無添加で手作りしている
という点。

実は、ウナギのタレって相当…添加物が入っているんです。

スーパーの鰻は洗ってから焼いたほうがいい、という話を
聞いたことがあるくらい、結構余計な物が塗られています。
(照りを出して美味しそうに見せるためにもね)

小さい子どもたちに食べさせる予定の方は特に嬉しい点ですよね!

【2歳からOK】小さい子に嬉しい鰻の食べさせ方

ところで、鰻っていつから食べられるんですかね?

調べてみると、骨にさえ気を付けて・食べ過ぎなければ
だいたい2歳からいけるようです!

確かに細かい骨は入っていますが、
せっかくならお魚大好きな息子と一緒に鰻が食べたい私…

1歳の間はまだ奥歯が生えていなかったし、
細かい骨がやはり心配だったので食べさせていませんでした。

鰻デビューの今年は「玉子とじ丼」としてあげてみる予定です!

小さい子は固いっていうだけでベーっと口から出してしまうことが
多々あるので、(ちょっともったいないけど)薄い出汁で卵丼に
します。

ポイントは、味付けを薄くすること。
既に鰻にはタレの味が付いている場合が多いので、出来ればそのタレを
ちょっとペーパータオルで拭きとってから使ってください。

具材はなんでもいいけど、玉ねぎ・ゴボウあたりがおすすめ。
上には(あれば)グリーンピースか三つ葉を飾ってくださいね!

【頑張る家族に】1年に一度くらいはドカンと鰻♪

鰻は決して安いものじゃないけど、

美味しい物を「暑くなるけど頑張ろうね」って家族で
食べられるのは幸せですよね(´ω`*)

土用の丑の日くらいは鰻を食べて、元気に夏を乗り切りましょう♪

【父の日 ギフト 本日終了!クーポン利用で400円OFF】特大国産うなぎの3種セット【うなぎ蒲焼き 3種入り】送料無料 土用丑 プレゼント 父の日ギフト グルメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です