【エコ&経済的】洗ったのに洗濯物が臭い!特別な洗剤を使わなくても出来る簡単な3つの方法

こんにちは、モリアメです。

中途半端な天気…梅雨って本当に洗濯物がなかなか乾きづらくて
嫌になりますよね。

日中は蒸し暑いので夫や子どものシャツもどことなく(ていうかハッキリ)臭い。
夫の服なんて加齢臭がして耐えられない!という人も多いのではないでしょうか?

こういうとき、エコ系洗剤を使う人の悩みは「臭いが取れてない気がする!」と
いうものですよね。

「香り付きの柔軟剤や洗剤を使ったほうがいいの?」

という迷いも出てくると思います。

今回はそんなあなたのために、洗剤を新しく買わなくても出来る洗濯物の臭いを取る
画期的な方法を伝授します。

これまで、

  • 夫の臭い服は特別な洗剤を使っていた
  • 梅雨時の生臭さは諦めていた

こんな悩みを抱いていた方は特に必見です。

【洗剤は無くても】簡単!エコ!洗濯物の臭いをさっぱり取る方法

そもそも、洗濯物の臭いが洗濯しても残る状態になるのはなぜでしょう?

答えは、落としきれなかった繊維の皮脂汚れにあります。

夏場の特にこの時期、汗の滲んだ服には皮脂汚れで服の繊維は汚れています。
それは普段の洗剤ではなかなか落としきれないのが現実です。

梅雨の湿度でしっかり乾ききらないでいると皮脂汚れを養分にして菌が繁殖。
その菌から独特のイヤーな臭いとなるわけです。。

服がサッパリ乾くシーズンや乾燥機の熱があれば話は別なんですが
どうしても部屋干しをしたり、2日くらい服が乾ききらない状態で放置してしまうと臭いが出ちゃうんですよ。

部屋干しだと、部屋に浮遊している菌の関係も少なからずありますしね。

【洗濯物の臭いを取る①】洗濯石けんでモコモコ洗濯をする

意外に思われるかもしれないんですが、石けんは洗浄力が強いんです。
天然の界面活性剤が入っているので他の洗剤以上に皮脂汚れには強いんです!

以前も紹介した『粉石けんでの泡あわ洗濯』なら皮脂汚れも残さず落とすことが可能です。

普段洗濯に粉石けん以外を利用している方は気になる衣類だけバケツで洗っても大丈夫。
どちらにしろ「とにかく泡立つように」洗ってくださいね。

バケツやたらいで洗う場合はぬるま湯を使い、しっかり服が泡にまみれるように洗います。
しばらくつけ置いてからゆすぎ、あとは普通に脱水すればOKです。

こういう時には洗濯板があると便利ですよ!

固形石けんでも洗濯出来なくはないですが、粉せっけんのほうが溶けやすいのでおすすめです。

もし洗濯用の固形石けんを使う際は衣類に優しい無添加の石けんを使用してくださいね!

【洗濯物の臭いを取る②】セスキ炭酸水につけ置き→洗濯する

これは私がもっぱら息子のおもらしパンツ(3才なのでまだ漏らす)の臭いと汚れを
取るのに使っている方法なんですが、セスキ炭酸ソーダはアンモニア臭にはよく効くので普通の服にもおすすめです。

セスキ炭酸ソーダは石けんより強めのアルカリ性なので(石けんは弱アルカリ性)
特に汚れている服(血や脂汚れ)は特に効きます。

それを証拠に、布ナプキンはセスキ炭酸ソーダ水につけ置き洗いが提唱されています。

やり方はとっても簡単。

5リットルくらいのぬるま湯にセスキ炭酸ソーダを小さじ1~2杯混ぜ、
そこに問題の衣類を漬け込めばいいだけ。
数時間から一晩置いてからいつものように他の洗濯物と一緒に洗えば完了です。

※「漬け込みは面倒かな」というとき。
汚れや臭いがまだ大人しめなときはスプレーボトルに入れたセスキ炭酸ソーダ水
服の気になる部分にシュッシュして少し時間を置いてから洗濯したんでもいいですよ。

布オムツやパンツ、布ナプキンには置いておいても目立たないフタつきバケツを
使うのがおすすめ。可愛くてちょっとテンション上がります。

↑このフタつきバケツはカラーも豊富&リーズナブル

↑『アルカリウィッシュ』(セスキ炭酸ソーダです)は溶けやすくて良いです

【洗濯物の臭いを取る③】『洗濯マグちゃん』を使用する

お次は(知らない人も多いんじゃないかな?)と思うんですが、『洗濯マグちゃん』です。
この時期になるとネットでは売り切れが続出します。

『洗濯マグちゃん』シリーズは簡単に言うと高純度のマグネシウムをネットに入った商品。
高純度マグネシウムは洗濯に使うと汚れや臭いを落とす効果があります。

いつもの洗濯にこれを一緒に入れておくだけで、
部屋干しなんかの臭いが気になるこのシーズンにはお洗濯のときに一緒に放り込んで洗えば臭いが気にならなくなります。

うちは『洗濯マグちゃん』シリーズの『ベビーマグちゃん』を持っていて、同じように使っています。
(『ベビーマグちゃん』は洗剤無しでも洗うことが出来ます…!)

プレゼントにもおすすめ『ベビーマグちゃん』

『ベビーマグちゃん』より『洗濯マグちゃん』のほうがお安いので気軽に試せます。
約1年(300回~400回くらい?)繰り返し使えるのでお得です。

正直「本当に?」と疑いたくなる気持ちもわかりますが、確かに使うだけで生乾きの臭いが気になったことはないです。
逆に入れ忘れると臭いです。多分ちゃんと効いてくれているんだと思います。

気になる方はせひ試してみてください。

『洗濯マグちゃん』シリーズ 公式HP

【洗濯物の臭い】特別な洗剤を使わなくても大丈夫!

「洗濯物の臭いを取るには、除菌と抗菌が出来るヤツでないと!」

というのは間違いです。そんな特別な洗剤を使わなくても大丈夫なんです。

それを証拠に、うちはこの3つの方法どれかを実行しているだけで部屋干ししても
臭いは気になったことはありません。梅雨の時期も同じです。

簡単な順で言えば、一番楽なのは『洗濯マグちゃん』ですね。
もちろん、衣類の状態にもよりますが忙しい方にも無理なくできます。

どれもおススメの方法なのでぜひ手軽なものから試してみてください。

モリアメでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です