【和歌山旅行1日目】子連れで行く和歌山電鐵とラーメン巡り!おすすめスポットを紹介するよ

こんにちは、森雨です。

今年のGWも終わりましたね。
(全国の親御さん、お疲れ様です!!)

うちはGWに和歌山を旅行してきました。

小鉄(電車好きすぎ3才男子)を連れて、『たま駅長』で有名な和歌山電鐵(でんてつ)を
堪能してきましたよ~!

そして、特に私たち(親)の目的「和歌山ラーメン」も!

一泊二日の短い旅行でしたが、親子で大満足の旅になりました◎

今回は、和歌山旅行1日目!

子連れで楽しい和歌山電鐵についてと、
子連れでも行ける和歌山ラーメンについての情報をまとめときますね!

【親子で大満足!】和歌山電鐵に乗ってきたよ!

今回の旅は私が妊婦ということもあり、本当は関西住みなので
南海電車のサザンに乗って行きたかったところですが兵庫県から和歌山市までは
自家用車で行きました。

GWなので渋滞を覚悟していましたが、GW後半に出かけたのもあって案外スムーズに行くことが
出来ました!高速を使ってだいたい2時間くらいでした。

和歌山市には、南海電鉄の『和歌山市駅』とJRの『和歌山駅』の二つがあります。
JRの和歌山駅のほうが周辺に商業施設があり賑やかで(近鉄百貨店・MIOなど)
市駅のほうがひっそりとしてました。

和歌山電鐵は『和歌山駅』のほうにあります!

和歌山電鐵に乗るにはまず切符を買うんですが、
たま電車ミュージアムのある終点の貴志まで行くには一日乗車券(フリー切符)を
買う方が20円ばかしお得なんですよね。

一日乗車券は9番ホームに売ってるんですよ。

だから一日乗車券を購入するには、まず改札で駅員さんに
「和歌山電鐵の一日乗車券買いたいんですが…」
と言ってホームに通してもらいます。

9番ホーム付近はこんな感じでもう「たま一色!!」なのですんごくわかりやすいです。笑

小さなホームの小さな切符売り場。

一日乗車券は大人780円・小児390円でした。
親切な駅員さんが息子を見て電車カードをくれました。

←息子の収穫。笑

ありがとうございました!

 

 

 

 

 

【どれも乗っとくべき!】和歌山電鐵の電車ラインナップ

ところで、和歌山電鐵は『たま電車』だけではありません。
常に3種類くらいの電車が走っています。

この日まず乗ったのは『おもちゃ電車』
赤のレトロな色合いが可愛い…!

発車まで時間があるので写真を撮りまくります。
木と赤のシートの色の取り合わせがステキですね。
つり広告はすべておもちゃ電車一色です。

『おもちゃ電車』なのでおもちゃを展示しています。
子どもが喜びそうなアンパンマンなんかのキャラクターと一緒にフィギュアなんかもあり、
観光客はバシバシ写真を撮ってました。

一方、息子はおもちゃにはあまり興味がないらしくチラッと見ただけで車内を歩き回っていました。

 

 

車内を眺めていたら、あっという間に貴志駅に到着!
和歌山からおよそ30分くらいでした。

駅舎も可愛いです!
ちなみに、近くにはほとんどお店はなく(駅の中にお土産物屋とカフェがあるのみ)
みんな駅の辺りで次の電車が来るまで写真を撮ったり買い物をしたりして過ごしていました。

二代目たま駅長「ニタマ氏」は硝子戸の中に…

いましたっ

制服は着ておらず、本当に「猫」として出勤されていました。笑
(というと、怒られそうだけど)

でも逆に、ポーズなんかとっていたらうちの猫と違いすぎて(ロボットなのでは…)と
囁かれると思うので(そんなわけない)このイージーモードでよかった。やはり猫だ…。

観光客の皆さんもほんとに「あ…これが」という感じでほのぼのと観察しておりました。
圧倒的猫感…。海外の方も「Oh…This is CAT…」という感じで納得していました。

私は家に置いてきた猫を思い出して「うちの猫もこうして寝てるだろうな今頃…」と
そんなことを考えました。笑

次の電車が来るまで時間が少々あったので、横のカフェでお茶もしました。
『たまフロート ¥660』をチョイス。息子とシェアしました。

さて、お次はいよいよ『たま電車』

耳が付いている電車なんて世界でもこれだけでは?!
可愛さ満点のたま電車!

電車の全面にたま駅長ラッピング!!
どこ見ても『たま』!

車内には窓ガラスにも駅長がいました。

背もたれは木製!その裏にも『たま駅長』がいますね。

車内には漫画や本がありました。
ただ、じっくり読む時間はなさそうです。笑

シートも可愛い!

車両の間ののれんも…たま!

伊太祈曾駅で『よんたま氏』に会う

さて、今度は途中の伊太祈曾で降りてみることにしました。

貴志駅と違ってシンプルな駅舎。
人出もあまりないですね。

帽子を放り出して熟睡するよんたま氏
ニタマ駅長と同じくイージーモードですね!笑

伊太祈曾駅には制服を着て写真が撮れます!
今回は乗れなかった『いちご電車』の制服を着ました。

そして、駅構内でいちご大福を買いました!

帰りは『うめぼし電車』で…

20分くらい待つと電車が着ました。
今度は『うめぼし電車』です。

神社みたいなデザインで、ちゃっかり『たま駅長』の絵が飾られています。笑

背もたれはもちろん、木です。
丁寧に作られていますねー!

私が外国人だったら大喜びしそうなどこまでも純和風なつくり。

うめぼし電車のシェードがまさかの簾(すだれ)!
思わず下げたり上げたりしちゃいました。笑

うめぼし電車は他の電車に比べて大人っぽい作りなのがまた楽しいです。

『うめぼし電車』の車内には和歌山の名産を展示していました。
紀州てまりは童謡『毬と殿様』でも有名です。

♪てんてんてんまり、てんてまり~
(NHK教育の『にほんごであそぼ』で知っていた歌)

【これは嬉しい】赤ちゃん連れに!ベビーサークル付きの和歌山電鐵

和歌山電鐵に乗ってみてびっくりしたんですがどの車両にもサークル(ベビーベッド)付きなんですよ。

『おもちゃ電車』のベビーベッド。

『たま電車』のサークル。
猫足が可愛い!

うめぼし電車のサークルを撮るのを忘れちゃったんですが、
どの車両にもこうした赤ちゃんを入れておけるスペースがありました。

うちの息子は既に3才なのであれなんですが、赤ちゃん連れだといい記念に
なりそうですね。

【子連れでも食べたい】和歌山ラーメン!

午前中から和歌山電鐵で巡ってきて、駅に戻ってきたらちょうどお昼になっていました。
この日のお昼は絶対に食べておきたかった和歌山ラーメンを食べに行きます。

駅から歩いて10分…案外遠かった!

【行列必至】和歌山ラーメンの有名店『井出商店』

行ったときは12時すぎだったこともあり、思ったより並んでいました。
子連れだし、お腹も空いていたんで、夫と「どうする?並べる?」と相談しましたが、
運よく?息子が寝始めたのでそのまま抱っこのまま並ぶことにしました。

食べログなんかでは結構回転が早いと書かれていましたが、

いやいや、席数が少ないからか結構待ちましたよ(;´Д`)

(でもせっかく来たし…)っていうので我慢して頑張って並びました。
(私は実は普段は飲食店には並びません)

暑い中しばらく並び、順番が来たので慌てて息子を起こして入店。

夫は特製大盛をチョイス!
私は特性中華そばにしました。

和歌山ラーメンあるある(らしい)早すしというお寿司(鯖寿司)と
卓上にあったゆでたまごを先に息子に食べさせました。

ちなみに、これはお会計の時に自己申告制のようです。
好きに取って良いようでした。

井出商店は思ったよりずっと小さな店内で、カウンターが二列あって4人座れるテーブル席二つ?くらい
でした。店員さんは割と多かったようですが、それでも常に店内はいっぱい。

間違ってもベビーカーなんかは入れそうになかったです。
もし赤ちゃん連れで行くなら、抱っこ紐でおんぶするか抱えて食べるしかないでしょうね。

それでも、子どもは珍しくはないらしく席につけばサッと店員さんは息子に子ども用の取り皿と
フォーク・スプーンを渡してくれました。

(ちょっとぶれたけど)特製中華そば(¥800)

とんこつベースでもったりとしたスープはまさに和歌山ラーメン!といった感じ。
細麺は夫曰くちょっと伸びてる?って感じだったそうですが、私は気にならずに美味しく完食しました。

チャーシューも柔らかく、ラーメン好きな息子はお寿司と一緒につるつる食べてました。

ラーメン自体は多くないので、食べ歩きすることも出来そうだ!と思いましたが、
結構妊婦には一食が重かった…でも美味しかったです。ほんと。

子連れだったけど、並んでいる人のことを考えて慌てて食べました。
もっとゆっくり食べたい人や子どもが多かったらちょっと難しいでしょうね…。

ちなみに、GWでしたがうち以外に子連れはいませんでした!笑

【隠れた名店】福井食堂の中華そば

夜はさすがに息子には別の物を食べさせたかったんで、定食屋さんに行ってみることに。

ローカル食堂なので少しドキドキしながら、ぶらくり丁の『福井食堂』さんに入店。

中華そば(並)¥550

こちらは醬油ベースの和歌山ラーメン。
井出商店さんに比べるとあっさりとしていました。

出てきた段階で胡椒が効いていて、控えめにいってすっごく好みの味でした。
一言で言うと、「食堂の懐かしいラーメンなんだけど絶品すぎる」という味です。
(並じゃなくて大にすればよかったわ…)

ちなみに、焼き飯(チャーハンじゃない、焼き飯!)も注文。

焼き飯 ¥850

「そうそう、こういう茶色いやつだよ!」という夫は大喜びで息子と焼き飯を食べていました。
まさに自分の好きな味だったそうです。

福井食堂さん、ほんとに美味しかったです…。ああまた食べたい。

ちなみに、これ以外にも定食屋さんだったのでお店のガラスケースからお刺身(マグロの赤身)を
頂いて食べたんですが、そのマグロがほんと美味しくて!さすが和歌山!

美味しすぎてみんなでペロッと食べちゃって写真撮るの忘れました。笑

【添い寝無料!】ダイワロイネットホテル和歌山

今回は温泉地でもなかったので、宿泊は安いビジネスを探しました。

その中でも口コミでも評価が高く、また添い寝無料でとてもお得だったので今回は
ダイワロイネットホテル和歌山さんでお世話になることになりました。

これが大正解で、
チェックインのためホテルの周辺に行ってみると「何事!?」ってくらい人がいました。

「何かあったんですか?」とホテルのフロントで尋ねてみると、どうやらその日は
年に一度の子どものお祭りだったようで…話によるとミッキーが来ますよって…

「え!ミッキーですか?!」

そう。ちょうど私たちがチェックインしたときにミッキーマウスが
ホテルの前の通りを練り歩いたんですよ!!(パレードと言うべきか)

大通りの人ごみを上から見ながら、

「ミッキーマウスだ!」
「ミニーもいる!」
「あ!ダッフィー!」
「プルートもいるじゃん!」

と大興奮したのは親のほうでした。笑

「和歌山、どれだけお金積んでミッキーマウス呼んだんだろう…」

私たちは和歌山の財政状況を(勝手に)気にしつつ、
ディズニーランドに行ったわけでもないのにミッキーマウスを楽しんだのでした。

息子と初めてのビジネスホテルだったんですが、部屋が空いていたという理由で
和歌山城を一望できる階上へランクアップしてもらったのもあって

夜景や景色に大満足のようでした。

夜は本当は車で立ち寄り湯へ行こうかと思っていたんですが、
私が疲れたので部屋のお風呂で済ませました。

その際、ホテルが用意してくれていたお子様用ボディスポンジに
大人になったような気分になったのか喜んでいました。

ホテルはほかにも子ども用の

  • 歯ブラシ
  • スリッパ
  • 寝る前の絵本
  • 追加タオル

なども用意して渡してくれたので子連れのビジネスホテルでも快適に過ごせました。

絵本は言うと渡してくれます。
ただ、もう少しラインナップが多くてもよかったかなー!

ちなみに、朝食付きだったんですがバイキングも美味しかったです。

  • 紀州梅の梅干し(8種類くらい)
  • 和歌山ラーメン
  • 梅を使った料理
  • 茶粥
  • 金山寺みそ

など、和歌山の特産を沢山盛り込んだバイキングで
ここぞとばかりに食べまくりました。笑

特に梅干しはおいしくて、一度にあんなに梅干しを食べたのは初めてで
すごく得した気分でした(´ω`*)買うと結構高いしね。

和歌山城の景色を眺めながらの朝食はほんと贅沢でした。
息子もたらふく食べていました。

GW後半だったのもあり、宿泊費もさほどかからずに贅沢出来ました。
和歌山に行くならおすすめのホテルです!

>>ダイワロイネットホテル和歌山

ちなみに、駐車場は有料でホテル前の立体駐車場に一日¥1000で何度でも出入庫可です。
早めにチェックインして使うとお得です!

☝宿泊地選びの参考に…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です