【子どもがテレビに傷を!】後悔する前に伝えたいおすすめ保護パネルとその必要性

こんにちは、森雨です。

上の写真は去年のクリスマスのころの写真です。
子どもとテレビ、見えますか…?

今回はそのテレビの保護パネルについて熱くお伝えしようと思います。

なぜ熱いかと言うとですね、、、

未だに「なんでこれを初めに買っておかなかったんだろう」

と正直後悔しているからです。

うちには暴れん坊(後先考えない)3歳男児がいるんですよ。
最新の液晶テレビを買ったのが一年前…。

そう、さっそく傷ついてしまったんです…!!

【子どものいる家あるある】テレビがなぜか傷つく

なぜだ。

なぜこんなところをガリっとやっておるのだ…。

新居への引っ越しと同時に購入した最新型の液晶テレビ
(SONY BRAVIA 4Kテレビ )

映画好きの夫がかねてより欲しがっていた4Kテレビだったので、
清水の舞台から飛び降りる気持ちで買え替えたのはほんの一年前。

くっきり残る傷に気づいた夫は案の定悲鳴を上げた……。

私「そういえば、この間○○(息子)がテレビの表面にトミカを走らせてた…ような気が…」

夫「どーして止めてくれなかったんだよぉぉぉぉ!!?」

私「そ、そんな…。一応注意はしたような気が…」

夫の嘆きようを見て(ああ、あのとき保護パネルをケチっていなかったらこんなことには)
と私は思いました。

まさに、後悔先に立たず…。

【テレビ】保護パネルってほんまにいる?→いる。

実は、テレビを購入するときにお店の人から

「小さいお子さんがいらっしゃるなら、保護パネルも一緒に買われたほうがいいですよ」

と言われていたんです。でも、そのときは別に必要性も感じなかったし予算の都合もあり

「ま、そのうちに!」

という感じだったんです。

心のどこかで息子のことを(うちの子は案外分別をわきまえておるからそんなことしまい…)と
信頼しきっていた部分もありました…(見事に裏切られたYO!)

あのときけちけちせずに買っておけば!!

ネットで傷のついたテレビの修復方法を色々と調べましたが、

研磨剤でこするのは余計傷つくだろうし怖いし怒られるし(夫が絶対ダメ!って)

修理に出すのはべらぼうな値段と手間だったのであきらめました。

私「……保護パネル買うわ。これ以上傷つけないために(私たちとテレビを)」
夫「うん…」

【楽天】テレビにジャストフィット!アクリル製 おすすめ保護パネル

うちが今回購入したのはこちらの保護パネル。

アクリル雑貨デコデコさんの商品を選んだポイントとしては、

  • 透明度が高いこと(透過率93%)
  • アクリル板で丈夫なこと(厚さ充分)
  • 国内産なので国産テレビにジャストサイズだということ(測る必要なし)
  • 自社工場で作っていて処理が丁寧だということ(フチがキレイ)

特に重視したのは、(夫の要望により)透明度。
せっかく4Kテレビにしたんだから!ということで、

とにかく画質の邪魔にならない保護パネルを探しました。

注文して数日(案外早い!)届いてみると、なんとちゃんと注文者(私)の名前が書かれていました。

サイズ間違うと使えないのでちゃんとふられているんでしょうが、
なんとなく嬉しい、このオーダーメイド感!

梱包も丁寧で、何重にもプチプチ(緩衝材)で包んでありました。
そしてアクリル板には傷つかないよう、シートがぴったりついていました。

【事前準備】液晶テレビの指紋・埃を拭いてきれいにしておく!

と、装着する前にやるべきことがあります。

それは、液晶画面のおそうじ。

私はこういう専用のクリーナーを事前に買っておいたので、クロス(メガネ拭きなど)を使ってキレイに汚れを落としました。
しばらく液晶自体は触れないでしょうし、必ずやっとくべきです。

ちなみに、ディスプレイ用のクリーナーはパソコンやスマホやタブレットでも使うので家に一つ

 

保護パネル、装着。

いくらアクリル板といえど、傷ついたら元も子もないので丁寧に。
出来たら二人がかりでやるといいと思います。

端っこに付属の保護シール・引っ掛けるためのシールなどを貼り、準備します。
説明書を見ながら端っこに貼るだけなのですぐ出来ます。


(アクリル雑貨デコデコ)

そして、いざ装着!
保護パネルをテレビ画面に引っ掛けます。

上に引っ掛けるだけです。
(説明しようにも本当にそれだけで…)

粘着シールがテレビの端っこにぴったりとくっつきます。
4カ所貼り付けているので、案外簡単には外れません。

↑ちなみに、こちらのショップでは屋外に液晶画面を置く人や子どもが外さないか心配という方向けに専用のストッパーも用意しています。
うちは買わなかったんですが、どうしても心配な人は買ってもいいと思います。(安いしね)

うちが今回購入した保護パネルの厚みは3ミリ。
アクリル製でしっかりした厚みのある物を選びました。
今のところ安心して使えています。

子どもがガンガンおもちゃをぶつけても大丈夫なように…(´;ω;`)ガンバッテ…

【テレビに傷がつく前に!】保護パネル、やっぱり必要。

テレビの保護パネル、買うかどうか迷う人多いと思うんです…。

この記事書きながら保護パネルをじっくり見ていたら、やっぱり息子がまた傷を(保護パネルにだよ)つけて
いました。親の知らないうちにまたおもちゃをぶつけたりしたようです…。

もし迷っていて、この記事を見たあなたは超ラッキーですね…
だって、お宅のテレビは傷つかないんだから!( ;∀;)

うちはそのうちに2人目が生まれる予定なのでなおさら「買っておいてよかった!」と
思うことが増えると思います…。(今から想像つきます)

テレビの液晶画面って思ったよりずっとずっと傷つきやすいデリケートなやつですからね。

親もテレビも傷つかない前にどうか導入してください。

以上。
森雨でした。

【追記】保護パネルの反射、思ったより気になるぞ

最後にお伝えしたいんですが、保護パネルの反射はすごい気になるものです。

アクリルだとテレビが鏡のように反射してしまいます。
夜だと気にならないですが、昼間気になる人は結構気になると思います。(慣れですが)

もし透過率なんかを気にしないよ!って方は反射対策が取られたタイプのものをおすすめします。


↑反射防止のものはコッチ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です