【華麗なる社畜生活】多忙なのに薄給な夫とは離婚するべきだろうか?

こんにちは、森雨です。

先日、こんなTweetが回ってきました。

これを読んだときにハッキリ言って「はあ?何言ってんのこの人」と思い、
腹も立ちました。

婚活の下りはもちろんですが、
「400マンの価値しかない仕事を続けてきたあなたの価値は400…」というところ。

「何言ってんの?人の価値が金で決まるわけないでしょ!?」

と一蹴するリツイートをしようと思ったんですが、
一回書いてちょっと考えて取り消しました。

うちの夫の年収は350万だからです。




【夫は社畜】給料遅配は当たり前!?

夫は小さなイベント会社で働いています。

営業からイベント開催まで一手に行うため、休みは日曜しかなく、
夏のこのシーズンからは特に忙しくて朝早くから夜遅くまで仕事です。

社員は6人。

30年ほど前は10人以上いても猫の手も借りたいくらいの忙しさだったそうですが、
今では社員の高齢化などで半分リストラのような形で続々辞めていってとうとう
事務員の方を入れて6名となりました。

この会社では、

  • 給料遅配は当たり前
  • 年収400万ジャスト
  • 週休1日
  • 社用車だけど交通費はこっち持ち
  • ボーナスが出たら奇跡
[br num=”1″]先ほどのツイートをしている就職コンサルタント?のお偉いさんからすると、
「即やめれ」というレベルの会社なのかもしれませんね。

加えて言うと、うちの住まいは割と都会です。
大阪市あたりだと思っていただければと思います。

決してド田舎で近所の農家が野菜をもってきてくれるような
ところではありません。

駐車場代も月1万5千円以上かかるところが多いです。
家賃は2LDKなら7万以上かかると思います。

節約上手な奥様に叱られるかもしれませんが、
3人家族+猫のうちの家計は常にギリです。

月給20万のところから交通費と駐車場代が数万ザクッと削り取られるんですから。
遅配になると貯金を削りながらやっていくしかありません。

歯医者や美容室に行くのは先延ばしになることがあります。
レジャーも遅配になると基本無理です。

だがしかし……当の本人(夫)はそこそこ満足して働いているようなのです。

夫の華麗なる社畜魂

妻の私が言うのもなんですが、夫は大変聡明な人です。

学生時代の成績はいつもトップクラス。有名私大卒。

少々理屈っぽいですが、裏を返せばかなり論理的に物事を判断できる人です。
また読書量が半端ないので歴史や政治のことまで聞くと何でも的確に答えてくれます。

要するに、学者肌なんです。

なんでもきっぱりと物を言う人ですが、会社の悪口は家ではタブーです。

例えば「給料遅配は困るよ!いつ出るか会社で聞いてみてよ」と言うと、

➡「無いものは無いんだよ!我慢して」

「土曜も毎週のように終日仕事なら、平日どこかで休めないの?」

➡「みんな頑張ってんだよ。僕だけ休めないでしょ」
 「休みは一日で十分だ!」

「もう昇進ないの?何年働いても?」

➡「月給20万は中小では多い方だよ!」

「社用車なのに駐車場代と交通費こっち持ちなのは変だよ」

➡「そうかもしれないけど、会社にお金がないから仕方ない」
 「給料に組み込まれていると思えばいいじゃん」

などなど。

とにかく家計がどんなに苦しくても会社を庇うんですよ。。

転職する気は一切ない夫

夫は30代前半。

世間では30代のこのくらいまでに転職するといいと
言いますよね。

うちも何度か「転職は考えてないの?」と話し合いました。

しかし、夫は逆に私に

「どこに転職すればいいの?」

「何を仕事にすればいいの?」

「今以上に仕事の条件は悪くなるかもしれない」

と言うだけ。

でも私がこのままこの会社にいると心配だとか不安だとか言い出すと、
逆ギレします。

「転職はしない!」

とうとう最近ではそんなことを言って転職案は完全に破棄されました。泣

ブラック勤めだけど、夫は優秀な従業員だと思う

そこまで言っておいて何なんですが、夫は結構優秀な人材だと思うんですよ。

サラリーマンとしては。

要領は決して良いわけではありませんし、営業もしている割には人とコミュニケーションを
取るのも上手い!というわけではありません。

しかし、言われたことに関しての飲み込みは早いし、デスクは汚いですが仕事は丁寧で
会社では信頼されているようです。

そしてメンタルも私に比べると豆腐と高野豆腐くらいの差があり、
とても強いです。

自分から自発的に何かするような性格ではありませんが、
言われたことはそつなくこなすので従業員としては満点だと思います。

私は常々夫に「あなたは黙々やる人だから大学の研究員に向いていると思う」と
言っているのですが、夫は「いいね。で、それどうやったらなれるの?」っていう他力本願さなので
もうどうしようもありません。笑

また、会社も「売上アップの為に秘策を!」「生き残るために!」という
意識は薄く、毎月自転車操業しています。

「こんなもんだ」
「仕方ない」
「耐えよう」

そんな社風なのできっと10年後も20年後もこんな調子で給料は遅配でしょう。

会社が存続出来ていればの話ですが。

悪いのは誰だろう?

しかし、社員の方たちは悪い人たちではありません。
社員同士の関わり合いはさほどない会社ですが、それでも個々で
やらなくてはいけないことはしっかりやっているでしょう。

それ以上のことはしようとはしないけど、やらなくてはいけないことは
やっているでしょう。

夫の職種は斜陽産業なので、新しいことに取り組まないということが
問題なのだというのは誰の目にも明らかです。

しかし、そんな力(経済的な)もすでにないのかもしれません。

みんなただただ、小さな火(需要)に冷えた手をともしているんです。

先のツイートの文章に「価値のある仕事をしましょう」とありましたが、
夫の仕事内容は決して価値が無いとは言えません。

あまり詳しく言うと特定されるので言いませんが、
とにかく人に感謝されたり、喜ばれたりするいい仕事です。

人から搾取することしか考えていない一部の大企業からすると、
薄給でもよっぽど価値があると私は思います。
色々言いたくなる人はいるでしょうがね。

悪いのは誰でしょう?

社長でしょうか?

社長は他の社員と同額の給料だそうです。
ボーナスが出るとほんのちょっとだけ補てんされるのみです。

どんな商売でも、どんないいものを売っていても、時代の変化に対応できない企業は潰れます。

きっとこのまま夫の会社は規模を縮小し続けます。
そして、夫が社長になるころは(夫は次期社長)…どうなっているのか私にもわかりません。

しかし、夫が『転職しない』と決意している限り、妻としては付いていくしかないのです。

現状を打破する2つの方法

私は別に「男に甲斐性が無くなったらおしめえだ!」とか、
「うちの夫、転職してくれないひどいっしょ!?」
「離婚したほうがいい!?」

とかそういうことを言いたいんじゃありません。

とりあえず、お給料は毎月遅れても入ってくる。
もしもの時のために、いつでも家族を支える力を妻側も蓄えておかなければ
ならないのです。

とりあえず、生活に関しては改善できる道は2つ。

  • 世帯収入を上げる(妻が稼ぐ)
  • 生活水準を下げる

世帯収入を上げる

まず、世帯収入を上げるというのは文字通りですが収入を増やすことです。
夫がそういう会社に居続ける覚悟なら、こちらは夫以上にしっかり働かなければ
いけません。

夫が手取り20万ボーナス無しの状態なら、
妻は20万以上ボーナス有りの会社に就職すれば世帯収入は800万以上になります。

そうなると、これまで400万で暮らせていたんだから、まあ余裕ですよ。
このままの生活水準を守れば、ね。

しばらく専業主婦をしていたという方や、育児でなかなか時間が取れないという方は、
主婦でも土日どちらかのみ!という短期バイトもあります。

主婦向けの派遣やバイト紹介サイトに登録しておけばいつでも仕事があるときに働けます。
面接もなく、気軽に稼げるのでおすすめですよ!

うちなんかは日曜は夫がいるので夫に預けてちょこっと働きに行くことも可能です。

>>面接なしですぐに働ける!短期バイト情報満載




それだけでも一日で1万円近く稼げたりするので、自分のお小遣いとしては十分ですよね。
とりあえず、これからフルで働きたい方も、意外とここから正社員の道が開けるかもしれないので、
やっておいて損はありません。

生活水準を下げる

次に、生活水準をガクん!と下げるという手があります。

今もし7万の家賃のアパートに住んでいるなら、それよりずっと安いところに
移るとか、出来たら親と同居させてもらうとか。

またその地域の物価が都会水準で高めなら、通勤時間はかかってもド田舎に引っ越すとか。

田舎に引っ越すと周りに何にもないのでおかげで無駄なショッピングをすることが減ります。
(〇オンとかあると用もないのに行くと無駄遣いしちゃうでしょ)

その他にも、食生活を一新して節約料理を極めたり、子どもの物をリサイクルショップで
手に入れてきたりと生活水準を下げるのは意外と身近なところからも出来ます。

生活水準を下げることで収入を増やさなくても、貯金は出来ます。
いざというときに使うお金も貯まります。

お金を使うということだけが豊かさではないのです。

また、フリマアプリで不要なものを売ってお金にするという手もあります。
普通ならいらない!って捨てるものが500円にもなったらそれはありがたいですよね。

500円あれば、たまの休みに家族でアイスを食べられます。

そういう風に小さな幸せを生み出すことが本当の幸せのような気がします。

高価そうな着物やブランド品だけでなく、子ども用品も簡単にまとめて売れる時代です。
賢く使ってお金を生み出しましょう!

>>いらないベビーカーを現金化!リライフクラブの「キッズ用品買取サービス」



ただ、生活水準を下げると精神的にしんどくなったり、
イライラしたりすることもあると思います。

これまでの生活環境があまりにもガラリと変わったり、
一気に水準を下げてしまうと家族からもクレームがつきますよね。

またどんなときでも「節約しなきゃ!」という意識では、
心がすさみます。

大切なのは節約するポイントを分けて考えることです。

例えば食費。
スーパーにいって賢く買い物したつもりでも、実際は大した差にはなりません。
また家族が食べたい!と言っているものを禁止しても全体で見ればわずか。

それなら、曜日を決めて家族の好きなものを作り、
平日に節約メニューを展開すると家族の不満も解消されます。

せっかく努力しても精神的にしんどくなったら意味がないですもんね。

しかし、がっつり働いてもがっつり節約しても
なんとなくお金の不安が消えない・満たされない気持ちなら
それはお金のマジックにかかっている可能性があります。

お金は塩水と例えられることがあります。

「飲んでも飲んでも喉が渇く」塩水のように、
「(いくらお金があっても)もっともっと欲しい!」と思うものです。

年収500万になれば、年収1000万が羨ましくなるような感じです。

そういう人はたとえ一気に年収が1000万上がっても「上には上がいる」と
初めは喜びがあっても、すぐに不安に駆られるでしょう。

社畜根性の旦那様をお持ちの奥様

いつもお疲れ様です。

言いたいことやお金のことで喧嘩するのもうしんどいですよね。
わかります。

周りと比べてドッと疲れてくること、ありますよね。

私も同じです。

でも、最近では私も固定費を見直したり
ちょっと周囲に気づかれない範囲で生活水準をススス…と落としたり
することで同じ金額でも少しずつ楽になりました。

以前は「たったこんだけ!?」と苛立ちや不安がありましたが、
今は「これだけあるから生活できるんだ!ありがたいな」と思って
笑顔でいるようにしています。

(もちろん続かないときもありますが)

今は賢く働いたり、不用品を売ったり、節約情報をチェックしたり
するだけで割と簡単に節約できます。

当ブログではそんな生活水準をススス…と下げたいあなたのために
節約情報やお得情報を随時更新していくつもりです!

一緒に頑張りましょう!

森雨でした。

※今日、2週間遅れで給料が入ってきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です