【時短】ほうれん草を茹でなくてもアク抜き出来る方法を試してみた!

こんにちは、森雨です!

突然ですが、ほうれん草って好きですか?
私好きなんですけど、あれってアクが結構しつこいですよね。

アクは好きな人いないと思うんですが…
舌と歯の裏がギシギシになってとても食べれたもんじゃ
ないですよね。

ほうれん草はおいしいし、ビタミンも豊富で
いかにも栄養満点といった野菜なんですが、
あく抜きをする「茹でる」作業って結構面倒。

忙しいときに大き目の鍋で湯を沸かして、
茹でてアツアツを絞るのってほんと面倒。

レンジでチンしてから水にさらすっていう
方法も昔試したことがあるけど、失敗して
レンジにかけすぎてふにゃふにゃになったり、
結局アクが残って悲惨な目に遭ったので
もう出来ない。

すごく地味に面倒!
嫌いな作業です。。

【ほうれん草】水でさらすだけでアクが抜ける?

今日も息子を保育園にお迎えに行ってから食事作り。
「ほうれん草があるけど、茹でるのめんどい……」
そんなとき、COOKPADでこんなレシピを発見。

Cpicon ソテーに簡単☆裏技!ほうれん草のあく抜き by トマトマナ

レシピによると、切ったほうれん草をしばらく水に晒すだけで
アクが抜けちゃって、それを炒め物やサラダに使えちゃうらしい。

Cpicon カンタン過ぎる!!ほうれん草のあく抜き by ぱんだ子パンダ

こちらのレシピでは、根元5センチをカットして
水につけておくだけでオッケー
という。

正直「ええええ?本当に?本当に晒すだけでアクが抜けるの?」って
疑いまくりの私。

しかし、本日の炒め物に(できたら)ほうれん草を使いたい。
使いたい。あのしなしなの特売ほうれん草(地元産)を
使いたい。

ということで、やってみました。
ごく一部のことに関しては神経質な私が
「本当の本当にアクが抜けるのか?」という
ことを調査してみました!

ほうれん草のあく抜き BY水晒しッ


↑うちの洗い桶はいつもキレイなのでそのまま漬けます。

疑心を捨てきれない私は、出来るだけしっかりと水に
さらすために4~5センチにカットしてさらします。

10分経過。

しなしなだったほうれん草がシャキッとしています。

エビと玉子とほうれん草の炒め物に
使うことに決めました。

エビを炒めた後にほうれん草を投入。

あらかじめさっと炒めておいた卵を合わせて完成~。
果たして、本当にアクは抜けているのか??

「この量でアクが抜けてなかったらキツイな…」と思いつつ。。

恐る恐る実食、、。

!!
「あ、アクが抜けて甘みがあって美味しいぃぃ!!」

なぜ水でさらすだけでアクが抜けるのか?

そもそも、ほうれん草のアクは「硝酸(しょうさん)」という
成分。

硝酸はカルシウムや鉄分の栄養素の吸収を阻害します。
さらに、摂りすぎると尿結石になると言われています。

そんな硝酸なので、確かに体にはよくないです。

しかし、硝酸は水溶性なので水に溶けてくれるんですよね。
だから、ゆでたり水にさらすことで水(湯)に溶けだし、
硝酸を外に逃がすことが出来るんです。

硝酸が水溶性でよかったです、ほんと。

ところで高校のときに家庭科で習ってて気になってたことが
あるんですけど、ほうれん草ってゆでることで8割くらいの
ビタミンが失われるらしいんですよ(確か)

習ったとき「マジ?じゃあ食べる意味あんの?」と
思いもしたんですがほうれん草だけじゃないんですよね。
アクがある野菜。

この水にさらす方法はほうれん草以外の野菜にも
使えるようです。

知ってるか知らないかでは大きな違いだな、と思います。
お湯を沸かす必要もなければ、アツアツを絞ったり、
びしゃびしゃになることもない……最高じゃないですか!

ほうれん草とベーコンとコーンを炒めたやつ、
子どもや夫が好きなのでまた買ってきます。
これからほうれん草の頻度増えるぞ!(`・ω・´)

ほうれん草のあく抜き まとめ

今回はほうれん草を5センチくらいにカットして
水にさらしました。
しっかり目にさらしましたが、サラダはまだ試してないんで
(使えるらしいけど)生で食べるならなおさらしっかり
さらしたほうがいいですよ。

茹でなくても硝酸は完全に抜けるのか?という
問題ですが、正直その辺はよくわかりません。
まあアクの味がしないのである程度は溶け出てる
んだと思います。

過去に尿結石をして心配だという場合も、
とにかく「食べ過ぎは禁物」ということだけ
覚えておいてください。

まあ、なんでもバランスよく食べることは大事ですよ。

ということで、ほうれん草は今後は水にさらして
あく抜きすることにします!
嬉しい発見でした!

森雨でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です