【改善】石けんシャンプー後日談・・・髪の毛が抜ける?ぱさぱさ?

ちょっとご無沙汰でした、森雨です。

石けんシャンプーを初めてもう結構経ったんですが、いろいろとトラブルに見舞われておりました。

「こんなブログしててあれだけど・・・もう石けんでシャンプーするのやめよか」

そう思ったことも実はあり・・・ます。
でも、根気強く研究してみた結果・・・どうなったかをお伝えできればと思います。

石けんシャンプーで抜け毛が!?

石けんシャンプーにしてしばらくすると、髪の毛がよく床に落ちるようになりました。

私は今産後2年を迎えようとしているんですが、ちょうど産後数か月間のあのときみたいになりました。
(産後、母は髪の毛がホルモンの影響で抜けやすくなる)

(嘘だろ・・・)

と思いましたが、夫に今度はフケを指摘されます。

そういえば頭皮もかゆかったんです。

「アレレレ・・・どしたのかなッ(^◇^)!」

夫は問題なく石けんシャンプーをしていたので「なんてことないわい!」と返答していましたが、
(ヤバイ!明らかにヤバイ!)
という状況まで追い詰められました。

夫「もう石けんシャンプーやめたほうがいいんやない?」

私「で、でも・・・」

夫「雨だけ、合成シャンプーでいきなよ」

なんてこったい!




色々改善策を考えてみた。

もともと私は髪の毛細め・柔め・少な目の禿げ予備軍なんですよね。

夫は割と固めっていうか普通の多さ・髪も一度も染めたりパーマしたりしてないので痛みもゼロ。
(ぜんっぜん関係ないんですが、私は今度夫の髪にパーマをかけようと思っています。
夫が柄本祐に似ているので、もういっそ柄本祐にしようと計画しています。どうでもいい情報すみません)

とりあえずシャンプーのやり方を見直してみる。

石けんシャンプーのやり方がまずいんでないか。ということで、

しっかり・丁寧に泡立てる。

ということをしてみました。

そして、

よく流す!

石けんカスなどから、頭皮に汚れが残り、それによって抜け毛になっている可能性もあると考えました。
石けんシャンプーは泡切れがいいのでおろそかになっていたのかもしれないと思って念入りにやるようにしました。

リンスの配合を考えてみる

リンスをしてもなかなかごわつきがしつこく、それで櫛が通りぬくいと感じていたので手作りクエン酸リンスを工夫。

500ミリリットルに対し、クエン酸大さじ3。

さらにグリセリンを小さじ1ほど入れてみました。

そしてアロマオイルはほどほどに投入。(ここではメイチャン)

新・配合のリンスの完成です。

しかし、原因はそこではなかった。

新配合のリンスとシャンプーの方法を見直しても、なかなか抜け毛は解決しませんでした。

・・・と、そこで私はあることに気づいたのです。

「あ・・・もしかして石けん?」

そう、実はこのころ、新しい市販の石けんを色々と試していた最中だったのです。

それまではアレッポの石けんを使っていました。

アレッポの石けんはオリーブ油を使用している昔ながらのしっとり系の石けん。

そのころ使っていたのはさっぱりがウリの石けんでした。

「これじゃん!!!」

慌てて石けんをしっとりタイプの石けんにしました。

するとどうでしょう・・・かゆみと抜け毛が改善したのです・・・!

新配合のリンスと合わせて、私の石けんシャンプーライフは一歩前進しました!

石けんシャンプーで髪は・・・抜けるのか?

石けんは確かに弱アルカリ性なので、見方によっては刺激が強いと感じる人もいます。

石けんシャンプーにすると、確かに合成シャンプーのころとは全く使い勝手が変わります。

髪は石けんで洗うと、多少ごわつきます。これは石けんの弱アルカリがキューティクルを開かせるから。

しかし、手作りリンスをするとこちらは弱酸性なのでキューティクルは落ち着きます・・・と言っても、合成シャンプーのリンスをつけたときの
あのべっとりした感じはありません。
あのリンスはべっとりとさせることで髪をコーティングするので乾いたときにさらっとまとまるような感じになるんです。

石けんシャンプー&リンスは髪本来の強さを促します。

それを証拠に、私は髪が多少抜けましたが髪のコシはかなりしっかりするようになりました。
合成リンスなしでも輝きは失っていません。

もし、石けんシャンプーで抜け毛やフケを気にするようなことがあれば、
一度しっとりタイプの石けんを試してみてはいかがでしょうか。



↑馬油も◎
髪だけでなく、全身に使えるとコスパいいですよね。

↑やっぱりアレッポ!

↑蜂蜜入りの石けんは泡立ちが本当にいいです。おススメッ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です