【ママ友】子育て支援センターってどんなところ?何か月から行くもの?【欲しい】

どうも、お疲れさまです!

今回はみんな気になる(?)子育て支援センターについて、です。

ところであなたは『子育て支援センター』という敷居の高そうな名前の施設に何をイメージしますか?

高齢ママいじめ?

新米ママいびり?

ミルクママ撲滅事務所?

離乳食手作り推進委員会?

……う~ん、残念。全部はずれですね☆

そんなマイナスイメージをお持ちの方に、今回はわたくし、まひるの初めての子育て支援センター体験を語りたいと思います。

『子育て支援センター』のいいとこも、悪いことも全部言います。では張り切ってどうぞ!




 

新米ママが子育て支援センターに行けない理由

私が子育て支援センターに初めて行ってみたのが息子が4か月のころでした。

うちの地域の子育て施設についてはネットで事前に調べておいて、どこにあるか・何時から何時までやっているかを把握していました。

歩いて10分くらいのところにある小さなビルの一室がそうだったんですが……近くてもなんとなく行けませんでした。

支援センターに足が向かなかった理由

  • 子どもが小さすぎてまだおもちゃとかで遊べないかな?と思ったから
  • あんよ出来る子たちの中で浮いてしまうだろうな(子も親も)と思ったから
  • 常連ママさんたちでグループができていて、(何あの人見ない顔ね)と睨まれると思ったから
  • 施設の人に「そういう小さな赤ちゃんは困ります。何考えてるの?お引き取りください」と言われると思ったから

……今考えると超ネガティブなことばっかりですね。笑

それでも、4か月くらいになるとようやくちょっとずつ長めに外出出来るようになって、

お母さんも少しずつ気持ちが解放されて「子育てについて話せる友達が欲しいな」と思うようになる時期です。

とにかくネットや地域の情報誌・保健師さんに聞いたりして子どもを連れていける(無料の!)施設を把握はしていましたね……行くのは勇気がいりましたが。

支援センターに初「ちょっと立ち寄る」

だから初めて行ったときは超緊張していました。

でも、4か月のころ「ちょっと近くまできたもんで……へへへっ」とひとりごとを言いながら思い切って入ってみました。

たいていの支援センターでは初めて来た人は『登録』ということで名前や住所なんかを書かされます。

名前を書いてから、いそいそとベビーカーを入口付近において入室。

そこには歩ける子はもちろん、同じようにごろんと横になった赤ちゃんもたくさんいました。

そこで意外で驚いたのは……ママさんたちがお互いそんなに喋っていないということ。

みんな自分の子供に集中してるということ。

支援センター

 

支援センターにはおもちゃもたくさんあり、もちろん小さな子向けの物もありました。

息子は家のおもちゃ以外のもので遊んだことはなかったので手渡すと足をばたつかせて喜んでしゃぶっていました。

さすがに4か月くらいの子はいませんでしたが、同学年の子はたくさんおり、「何か月ですか?」と話しかけられました。

小さいので「可愛い~」とほかのママさんやお子さんもぽつぽつと話しかけてくれました。

久しぶりに他人と話せて、嬉しかったのを覚えています。

支援センター、イメージと違ったこと。

  • ママ友(集団)がいなかった
  • 小さい子連れはちょっと珍しがられたけど浮く感じはなかった
  • 施設の人も(慣れている感じで)にこやかに通してくれた
  • ママ友はすぐは出来ない(出来るわけない)
  • 小さい子もWELCOMEな雰囲気

総じて「思ったより敷居は高くないな……」と思いました。

支援センター……毎日は行けない。

それでも「毎日行く!」はないな~と思いました。

子どもを連れて久々に他人と触れ合ってみると、楽しくて気分は変わりますがそこそこ気疲れはしましたし。

3回目くらいに連れて行ったときに初めてママ友集団と出くわして、
それでその子どもたちがネンネの息子の周りをバタバタ走り回っていて、

それなのにママ友たちはお互いのおしゃべりに夢中!だったときはそそくさと10分くらいで退散しました。

でもそんなことは5回に一回くらいなんですがね。

でも別に無理していく必要は全然ないのでしばらく行きませんでした。

『支援センター=ママ友出来る』は間違いだけど

お座りができるようになって、ちょっとずつつかまり立ちするようになると再度支援センターに行くようになりました。

今度はそれまで行っていたのとは別の支援センターにチャレンジ。すると、こぢんまりとしてて人が多いせいかママさんたちも気軽にお互い話しかけあっていました。

☆よく支援センターで聞かれる会話のネタランキング

  1. 「何か月ですか?」
  2. 「よく食べる離乳食って何ですか?」
  3. 「最近○○で~。お子さんはどうですか(でしたか)?」

私は人見知りではなく、むしろしゃべりすぎて後悔するタイプなんですが(笑)

それでもママ友といわれる特定の友達ができるまでは結構時間がかかりました。

たまたま子どもが同じ月齢で、行くたびに顔を高確率で合わせ、そのせいで会話のネタが尽きない!というママだから友達になれたんだと思います。

支援センターに絶対ママ友できる!と思って行くとがっかりすることはあるかもしれません。

思ったよりずーっとママさんたち大人ですからね。

 

支援センターにチャレンジしたいママへ

難しいことを考えずに行ってみればいいと思います。

その地域の子育て支援センターにもよるので、一概には言えませんが

どんなに小さい子を連れて行っても大丈夫です。

私が聞いたところでは「生後1か月くらいで毎日来るお母さんもいる」と施設の人は言っていました。

この記事では「支援センターではママ友できないかも」と書きましたが、
それは「焦って作ってもいいことないよ」ということで、気長に構えてたらきっとできます。

できなくても、支援センターに行ってるママさんたちはみんな「ママ友」と思っていいです。
気軽に話しかけたら、気さくに話してくれますよ!

みんな大人と話すことに飢えているので。笑

でも、「行きたくない。でも行かなきゃ」とは全然思う必要ありません。

人見知りなら話さなくてもいいです。

おしゃべり好きな誰かが話しかけてくるのを待ってればいいだけです。

何度も言うけど、みんな意外と孤独の中で子育てしてますから!

話しかけられて「いやだな~」と思われるのってそんなないです。

子育て支援センターに関しては地域の情報サイトを探すか、それでもわからなければ市役所に問い合わせてみてもOKです。

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です