骨盤ケアは産後すぐじゃないといけないの?気を付けるべき姿勢まとめ。

出産の際、どんな本を開いても、どこのセミナーに行っても

「とにかく、骨盤を開く体操をしましょう!」

と言われ続けませんでしたか?

陣痛によって開いた骨盤の間から、赤ちゃんの頭が回転しながら子宮を通り抜ける……これが痛くないはずがない!

出産を想像してはぞっとしていた私は、毎晩寝る前にキチンと言われた通りの体操をしました。

 

そして、出産後。

赤ちゃんを胸に抱きながら、「もしかして私の骨盤今ガバガバなんじゃない?」と思いました。

「あんなに必死になって骨盤開いたから、もしかしたらもう二度と戻らないかもしれない……」

慌ててネットで調べまくると(産後すぐは目を酷使してはいけません)

「すぐに骨盤ケアをはじめるべき」「早ければ早いほど効果あり」「産前より骨盤が締まったおかげでマイナス20キロ!」

などという意見が多数。

 

「まじか……」

 

出産を乗り越えて今度は骨盤のことに気をもまなければならないのか。

出産で増えた体重15キロ。

もう外見はダルマ……雪だるまじゃなくてダルマ……。

「どげんかせんといかん」

一人産んだだけで女を捨てたくない。
そう思いました。

さて、私はそのときそう思っていたのですが、果たしてそこまで焦ることだったのでしょうか?

骨盤は本当に「焦ってケアしないとどうしようもならないくらい開いてしまったまま」なんでしょうか?

 

焦って骨盤ケアは大間違い!

骨盤ケアはすぐに始めるべきものではありません。

まず、産後はとにかく身体を休めることが先決。

昔から「床上げ」と言って、1カ月程度は赤ちゃんと一緒に寝て過ごすことがその後の身体のためにも良いと言われています。
体操をしたり過度な運動はしないようにしましょう。

骨盤は実は自然と締まってくれる。

私は産後1年くらい経ったときに腰の痛みを感じて整骨院に通っていました。
そこで、「いやー、やっぱり骨盤が開いちゃってますかね?」と聞いてみました。

私は産後行かねばならないと言われている(あくまで噂)あの『骨盤矯正』を
ちゃんとしなかったんです。

先生は私の身体をざっとチェックした後、

「いえ、特に大丈夫そうですが?」

「え?でも私、骨盤矯正とかしてないんですよ?」

「ああ、別にそんなことしなくてもある程度は自然に締まるから大丈夫ですよ( ̄∇ ̄)ハッハッハ」

って言われました。

骨盤矯正せんとあかん、とずっと信じていた私はびっくらこきましたね。

「でも、適度なストレッチはしたほうがいいですね」

先生によると、締まるか締まらないか……これがやたらと語られますが、実は一番心配すべきは
骨盤の後屈らしいのです。

出産のときに骨盤は開くのと同時に後ろに傾いて赤ちゃんを外に出します。

後屈したままで急な骨盤ケアを始めるとただでさえ緩んで不安定な骨盤がさらに歪んでしまうことになるのです!

日ごろから気にするべき姿勢のこと

それでも私は身体が全体的にがたついていました。

猫背と腰痛の原因にもなっている骨盤の歪み。

これは出産というより、姿勢が悪いかららしいです。

産後にきちんとした姿勢でいれば人間の身体は自然にもとに戻ろうと
してくれるけど、姿勢を崩して座っていたり寝具があってなかったりするとその動きを
妨げてしまうんです。。

心当たりある――――!!

先生に(特に)NGと言われた姿勢たち

特に私が言われたのが、床に座ってソファとか壁にもたれるスタイル。

これをちょっとでも無意識にしちゃうと、次の施術の時には
「…(骨盤が悪いほうに)戻ってる。床に座りました?」

って言われました。(バレバレ)

床に座ると骨盤がどんどん後ろに倒れちゃうらしいので、
猫背も助長するし、お腹も出ちゃうし、下半身太りの原因にもなるそうで

超アウトだそうです。

お気を付けくださいッ。

産前・産後とも骨盤ベルトでしっかり固定することは大事だそう…!
ちょっと面倒でもしっかり装着してください!

森雨でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です